お花で消臭・抗菌できる光触媒ってなに?

先日、光触媒アレンジについて

ちょっと書きましたが↓



光触媒アレンジはじめました


そもそも光触媒ってなんだろう?

なんか科学的な名前で効果のほどは分からないな?と、

思っている方のためにちょっと深堀して今日は書きますね。




専門的なことは私も専門家ではないので難しくは書けないけど

だからこそわかりやすく説明できたら・・・




光触媒ってなに?


『触媒』 とは

化学反応の速度をスムーズかつスピーディーに行わせる機能 のこと 

のようですw




光触媒とは「光が触媒させている」ということ。

つまり

太陽の紫外線や蛍光灯やLEDなどの光が光触媒加工したものに当たると

光触媒加工された表面で

強力な酸化力が生まれ、

接触してくる細菌などの有害物質を除去できる材料です。



ここでいうと

触媒は「光」によってもたらされている ということになりますね。

光が無いと逆に
触媒が行われない=抗菌・消臭作用が発揮されない

ということです。 




光触媒加工商品の効果は?


私はアーティフィシャルフラワーのフラワーアレンジに

光触媒加工を施しているので

サイズ的にもアレンジの周辺の効果ということになります。

(これが例えば、お部屋の壁全部に光触媒加工をされていると、

お部屋全体が抗菌・消臭・防汚効果が期待できるということになります。)


※グレー:壁
※水色:光触媒コーティング剤

お部屋の光が当たり、

グレーの細菌がコーティング剤に触れると、

矢印のようにパッと消えてなくなるというイメージ




これが壁ではなくて

お花に換わったと考えたらOKです。




安全、安心、エコな光触媒加工は、

酸化タングステンを使用している

「可視光応答型光触媒」を使っていれば

日光(紫外線)だけでなく、

室内の蛍光灯やLEDの光でも効果を発揮します。








小さいアレンジにはお手洗いや玄関がオススメ

サイズ的に効果を期待したい場合は

スペースに合ったサイズの光触媒加工を

施したほうが良いということになります。



そこで、お花のアレンジなどは

お手洗いや玄関など小スペースで

しかも匂いが気になる場所に飾ることをオススメします。



※濃い太い水色:光触媒加工によりアンモニア臭をどれだけ抑えられたか
※薄いグレー:何もしていない状態

↑このグラフをみるとぜひともお手洗いに置きたくなりますね♡


※濃い太い水色:光触媒加工によりどれだけ大腸菌が消滅したか

匂いは私達も鼻で確認できますが

最近は目に見えないので

このような検証結果が頼りですね。

アンモニアと大腸菌!


トイレに置くしかない!っていうグラフですね。


すごーく広い豪邸の玄関でなく

ごく一般的な玄関にもいいのではと思っています。








付加価値のあるフラワーアレンジ

今ではアーティフィャルフラワーが

とてもリアルで本物のようだと評判ですが、

そのリアルさに加えて

消臭・抗菌・防汚


こんな効果が飾っているだけで得られるのは

これはかなり嬉しい付加価値だと思いませんか? 




飾っておくとホコリが溜まってしまったり

汚れが付いてしまったりしますが

防汚効果もあるので

こちらにもちょっと期待したいところです。


光触媒アレンジはこちらから

徐々に商品も増やしたいと思っています。