バラを長持ちさせるちょっとした花屋のテクニック

先週19日の卒業式に

カーネーションの他に息子がもらってきた



真紅のバラ


一輪挿しに飾り涼しい玄関に飾りました。


リビングではないということともう一つ、

飾る前にちょっとした事をしました。




それは茎のカットする部分を

水の中に入れながら

斜めにカットしたということです。




生花を扱っている人の中では当たり前の


茎を斜めにカットすること





「水の中で」 と書きましたが

写真は水の中じゃなーい汗



難しかったw


この作業を「水揚げ」といいます



↑水の中でこの様なハサミの角度でカット




茎の断面が大きくなるので

水の吸い上げがよくなり

元気に長く飾ることができます。





栄養剤など無くても

出来ることがあります。



もちろん、お水もちゃんと替えてあげます。






話は変わって。。。。

昨日、ヒェーッということがありました。



高温グルーガンを使って制作をしていたら

熱々のグルーガンの液体が

私の手に垂れて






火傷~(熱)




水ぶくれができちゃった~(泣)


薬指の付け根

ヒリヒリ痛いです(悲)



今日はもっと膨れてて

袋がパンパン(泣)










先日はデコボコしている

コンクリート舗装が悪い道で

「ドテッ!」って転んで

(相当恥ずかしかった💧)



ひざ小僧が・・・・

大変なことに・・・・




キズパワーパット貼りました💧



もう若くないので

本当に気を付けます。




今週はケガに注意の週だったようです(汗)


皆さま、コロナもケガもお気を付けくださいね💦